注目

最初のブログ投稿

これは投稿の抜粋です。

広告

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックして内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。

post

消費税増税にともない料金改定について

いつもお世話になります。

10月より消費税増税にともない料金を改定致します。

詳細は下記をご参照ください。

改定前(税込)

お一人様 ¥40000

お二人様 ¥50000

三人様 ¥60000

改定後(税込)

お一人様 ¥44000

お二人様 ¥55000

三人様 ¥66000

また会員様におかれましては¥5000offとなります。

これまで消費税は頂いてきませんでしたが、経費増加にともない消費税率に合わせて改定させていただきたいと思っております。

何卒ご理解とご了承の程お願い致します。

Submarine guide services

冨本タケル

会員様へ

いつもお世話になっております。

会員様登録の期日が3月末までとなっております。

継続更新される会員様は大変お手数ですが、2月末までにtaab8783@gmail.comまでご連絡をお願いします。

メールの件名に【会員更新】と記載をお願いします。

ライン、電話等での受付は混乱を招くことがございますのでお手数ですがメールのみの受付とさせていただきます。

メール受付後、更新手続きのご案内をさせて頂きます。

よろしくお願い致します🙇

2019年度 会員特典として

ガイド¥5000off/回

DRT tiny crash ドランカーバスHI

サブマリンオリジナルアパレル

を予定しております。

また、新規会員募集は空きが出た場合に改めてご案内させて頂きます。

よろしくお願い致します🙇

ガイド予約について

いつもブログ等をご覧いただきありがとうございます。

現在のガイド予約状況についてお知らせ致します。

現在9月末までの空き日はございません。

10月以降については随時受け付けておりますが、土日祝については12月まで空きが無い状況になっております。

ご予約いただきました皆さまには改めて感謝申し上げます🙇

また、会員様は別途会員枠を設けておりますのでお問い合わせ下さい!

多くのお問い合わせを頂き感謝しておりますが、私の身体が一つしかございませんのでご皆さま方には迷惑をおかけすることになってしまい大変申し訳無く思っております。

今後ともよろしくお願い致します🙇

BAIT第2戦レポート

毎日変わる釣れるエリア。

今回の試合はこれにアジャストできるかが勝敗を決めると思っていたので、プラはせずにニュートラルな状態で試合に臨んだ。

どんな状況にも対応できるようにタックルはこんな感じ。

初日、3ヶ所目に入ったエビモで連発。

一気にリミットメイク。

上は2000g下は800gと話にならないウェイトだが、このエビモがくれたヒントがその後の展開への道を開いてくれた。

それは鮎の通るラインの湖流のヨレ。

そこにリンクしたエビモに高確率で魚が着いていた。

エレキで流しながら条件に合うエビモにスパイニークローのフリーリグを打ち込んでいく。

【コンクエスト842c MBR アルデバラン51HG シューターインビジブル14lb】

日が上がると魚がシェードに入った感じなのでリバウンドスティックの7gパンチショットも織り交ぜつつランガン。

【コンクエスト783cMBR アルデバランMGL31HG シューターインビジブル14lb】

リバウンドスティック5インチ5gパンチショット

【コンクエスト904c MBR メタニウムmglXG シューターインビジブル16lb】

リバウンドスティック7インチ7gパンチショット

ひたすら目視で条件に合ったエビモを見ながらランガンを繰り返すとデカいバスの群れにリンクした。

2700gと62cm 3500gの魚が連発してウェイトアップ。

初日は11110gで首位スタート。

2日目。

昨日と全く同じ展開をしていくが、エビモの魚は枯渇するので昨日やらなかったラインを流していく。

すぐにバイトが出て高速巻き合わせを入れるが、まさかの藻化け。

そこから無の時間が始まる。

何かが変わっている。

昼前にキロフィッシュを2本入れ、その後また無の時間。

残り1時間を切り、流すラインを大きく変えてインサイドへ。

すぐにバイト。

しかし、また藻化け。

昨日とくらべてかなり食いが浅い。

ラスト30分1.5mのエビモで1300gを釣りタイムアップ。

2日目3本3640gと大失速して、6位フィニッシュ。

試合が終わった後、トーナメント仲間と答え合わせすると、昨日食わなかったと言っていたライトリグを得意とする選手達が今日は食ったと話してくれた。

やはり、日替わりな琵琶湖。

その日その日にアジャストできないとダメな季節。

初日に釣れてしまったので、知らず知らずのうちに固定概念を作ってしまった自分のミス。

勝てた試合を無駄にした自分が本当に情けない。

応援していただいた皆さん、いつも本当にありがとうございます🙇

また出直してきます。

入賞された皆さんおめでとうございます!

最後にモロミー始め、運営スタッフの方々にありがとうございました。

追記…今回からノンボーター制度が導入され、1人の参加者が来てくれました。参加選手からは制度に批判的な意見もあるようですが、この世界の裾野を広げる意味でもいい事だなと思います!

ボクはいつでもノンボーターを受け入れますよ! 全く釣れないと思いますが笑

現在の予約状況と連絡事項

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

現在の予約状況をお知らせします。

大変申し訳ありませんが、8月末までの空き日程はございません。

9月以降は平日に若干の空きがありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、会員様でメールアドレスをお知らせいただいてない会員様はお手数ですが、メールアドレスのご連絡をお願い致します🙇

よろしくお願い致します🙇

サブマリンガイドサービス

冨本タケル

今春の傾向、そして今後の展開

毎年変わる湖の状況。

今年は氷魚やモロコ等を捕食している個体が多い気がします。

もちろん、南湖のメインベイトであるブルーギルの存在も忘れてはいけません。

昨年はシルエットの小さなルアーがハマった春でしたが、今年はボリュームがありしっかり波動が出るものに反応が良く、ブルフラット5.8やリバウンドスティック等がメインの春になっています。

第1陣のスポーンがひと段落し、今はレンジを下げてスリップヘッドジグにベコンクローで越冬明けの腹に泥が付いた魚を釣っています。

今後はまだまだ続くスポーンのサイクルにタイミングを合わせて、深いレンジから浅いレンジまでを日替わりで釣っていく展開になります。

まだまだアフターの魚は追いかけず、プリのデカい個体を追いかけていきたいですね。

質問が多いブルフラット5.8インチのリグは、ライトTXです。

シンカーはkanjiの6角になっているバレットシンカーの3.5gを基準にレンジや風等の条件の合わせ、5gや6gにアジャストしています。

そして必ずシンカーはペグ止めして下さい。

ブルフラットの最大の特徴である平らな形状から発生する独特の波動を出す為に、シンカーとワームは常に近い位置でないと波動が出しづらいです。

スリップヘッドジグと組み合わせると最高なのですが、まだ発売に時間がかかるので今はペグ止めライトTXがベストです。

それでは皆さま良い釣りを!

会員様へ

いつもお世話になっております。

携帯電話のデータが消えてしまい、ご迷惑をお掛けしております🙇

入会特典のタイニークラッシュのオリジナルカラー『ドランカー』が入荷しました。

申し込みをいただいた方で、未入金の方は速やかにお振込みをお願いいたします🙇

また、入金されて住所等のお知らせがない方もいらっしゃるので、いま一度住所等お知らせ下さい。(メールで件名は住所にてお願いします)

会員証とタイニークラッシュを同封して送らせていただきます。

よろしくお願いいたします。